SHR等疾患モデル共同研究会分与可能系統一覧表

系統名 別称 SLCで
SPF化した
世代数・年
ナショナルバイオリソースプロジェクト
「ラット」における実施内容
寄託
登録
番号
国際
登録
ILAR
寄託者 特性
検査
109
項目
遺伝検査
357
SSLP
マーカー
SNPs
系統の概略・特徴・活用例
SHR/Izm spontaneously hypertensive rat,
stroke-resistant spontaneously hypertensive rat, SHRSR
F90・1995年 0193 家森
幸男
♂済

概略: 1963年京都大学医学部病理学教室でウィスター京都ラットより選択交配により開発された、その後島根難病研究所・島根医科大学を経て京都大学大学院人間環境学研究科で維持後、1994年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持。SHRにはB1,B2, CH, CLの亜系が存在し、これはB1系統である。

特徴: 高血圧を自然発症 骨粗鬆症モデル、行動面は多動的

活用例:機能性食品試験、実験的腎障害試験、降圧剤のスクリーニング

SHRSP/Izm stroke-prone spontaneously hypertensive rat F94・1995年 0194 家森
幸男
♂済

概略: 1963年京都大学医学部病理学教室でウィスター京都ラットより選択交配により開発されたSHRの中で、脳卒中を発症するAラインを分離し、AラインにはA1-sb, A3, A4の亜系が存在する。この系統はA3系統で、1973年に京都大学医学部病理学教室にて開発後、島根難病研究所・島根医科大学、京都大学大学院人間環境学研究科を経て、1994年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持

特徴: 脳卒中を自然発症 骨粗鬆症モデル

活用例:実験的心筋梗塞、脳卒中予防・遅延試験、機能性食品成分のスクリーニング

WKY/Izm   F53・1995年 0195 家森
幸男
♂済

概略: 1963年京都大学医学部病理学教室で開発されたSHRの親系統。元々京都大学純系動物飼育室で維持されていたウィスター京都ラットと呼ばれていたものの末裔。由来は北海道大学牧野研という。その後京都大学医学部病理学教室、島根難病研究所・島根医科大学、京都大学大学院人間環境学研究科を経て、1994年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持

特徴: 正常血圧

活用例:対照動物として使用
血圧:WKY/Izm<SHR/NDmcr-cp<SHR/Izm<SHRSP/IzmDmcr-fa<SHRSP/Izm
体重:SHRSP/Izm<SHR/Izm<WKY/Izm<SHR/NDmcr-cp=SHRSP/IzmDmcr-fa

SHR.Cg-Leprcp/NDmcr SHR/NDmcr-cp, SHR/N-corpulent F60・2001年 0446 京極
方久
     

概略: 米国NIHでコレツキーラットのレプチン受容体遺伝子ナンセンス変異がSHR/Nに導入されたコンジェニック系統で1999年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持。Cgは、Congenicの意味でドナー系統であるコレツキーラットが近交系でなかったので、命名規約に基づきCgを使用。旧系統名については、米国NIHでの命名法に本来誤りがあった。

特徴: 高血圧、肥満、脂質異常症(メタボリックシンドローム)を自然発症 高炭水化物飼料や高脂肪飼料使用により症状が顕著に発現

活用例:肥満関連実験、抗肥満薬、抗脂血症薬、抗糖尿病薬や機能性食品成分のスクリーニング

SHRSP.Z-Leprfa/IzmDmcr SHRSP/IzmDmcr-fa, SHRSP fatty, SHRSP.ZF F12・2001年 0447 京極
方久
     

概略: ZFラットのレプチン受容体遺伝子ミスセンス変異をターゲットにSHRSP/Izmに12代戻し交配を行いcongenic系統を確立した。ドナー系統のZukker fatty rat の略称としてはZFとZが使用されているが、短い方がより良いので、ここではZと略している。

特徴: 脳卒中、高血圧、肥満、脂質異常症(メタボリックシンドローム)を自然発症 高炭水化物飼料で症状が顕著に発現

活用例:脳卒中、肥満関連実験、抗肥満、抗脂血症薬、抗糖尿病薬や機能性食品成分のスクリーニング

SHRSP5/Dmcr ALR (arteriolipidosis-prone rats),
SHRALR/Izm
F20・2010年 0454 家森
幸男
     

概略: 1963年京都大学医学部病理学教室でウィスター京都ラットより選択交配により開発されたSHRSPの亜系A1-sbより、反応性高脂血症をきたしやすい亜系として1973年に京都大学医学部病理学教室にて開発。島根難病研究所・島根医科大学、京都大学大学院人間環境学研究科を経て、2002年より金城学院大学生活環境学部で維持管理後、2011年よりSHR等疾患モデル共同研究会にて維持。ALR は ArteioLipidosis prone Rat の略。非アルコール性脂肪肝炎(NASH)のモデル。

特徴: 反応性高脂血症、中小動脈脂肪沈着、脂肪性肝疾患を発症

活用例:動脈硬化、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)関連実験、抗動脈硬化、抗NASHの薬剤、機能性食品成分のスクリーニング

SHRSP/Ezo

 

 

F117・2016年 0441 富樫
廣子

概略: 1979年故岡本耕造先生から分与(F53)されたSHRSP/Kpo雄3匹・雌4匹を起源とする。兄妹交配を続ける過程で、脳卒中発症及び不妊等の理由により淘汰され、現在に至る。 幼若期(生後6週齢)における行動的特徴は、注意欠如多動性障害症候と高い類似性を示す。衝動性を反映すると考えられる不安状態に加えて、雄では不注意に基づく短期記憶障害を示す。さらに、学習記憶関連行動障害やコリン作動性神経系及びモノアミン作動性神経系を中心とした大脳皮質辺縁系の機能不全が認められ、これら行動学的及び神経学的変化は、高血圧進展による2次的なものではない。

特徴: 自発運動亢進(多動性)

活用例:注意欠如多動性障害に類以した行動異常は、注意欠如多動性障害の第一選択薬である塩酸メチルフェニデートにより改善される。