SHR等疾患モデル動物の分与を希望する方々に

 SHR等疾患モデル共同研究会(以下SHR共同研という)は、「会員」の研究等の目的達成にむけ、遺伝的ならびに微生物学的に均一なSHR等の疾患モデル動物を出来るだけ安価に供給するため、研究者団体の共同利用事業として活動しているのであって、商業的"breeder"ではありません。 あくまでも「学術団体」ですので、SHR共同研が維持管理している「疾患モデル動物」の供給を希望される個人なり団体は、必ず次の手続きをとってください。チャート参照


  • 先ずSHR共同研に入会して下さい。 入会手続きはこちら
  • 会員になると会則、分与に関する規定等が送付されるとともに、「会員番号」が登録されます。
    この「会員番号」は、以後の手続きには必ずご記入下さい。
    また、SHR共同研では、年間数度にわたり「疾患モデル通信」及び「News Letter」を発刊し、全ての会員に情報提供しております。
  • 分与の申し込みは、分与申込フォームに必要事項を記載のうえ送信ボタンを押して下さい。
    分与申込フォーム
  • それに従い生産管理部は「分与承諾書」を申し込み会員に送付し、同会員との緊密な連絡の下に希望動物の生産を委託して行い、生産委託業者が分与、配送します。この際、納品書と請求書が添付されます。
    なお、別に定める「SHR等疾患モデル動物の分与費用」のうち、学術特別分与費用については、法人会員、一般会員(暫定会員)には適用されません。
  • 動物の分与を受けた会員は、希望した通りの入荷があったかどうか確認の上、分与費を生産委託業者に払い込んでください。なお、ご意見などは生産管理部で伺います。
  • 生産委託業者は、SHR共同研の指導、監督のもとに、国際的実績の認められた疾患モデル動物の繼代生産を計るとともに、会員に分与発送した後、SHR共同研生産管理部に分与報告をします。
    また、生産管理部は会員からの意見と合わせて分与実施報告書にまとめ、今後の生産と管理に役立てることにしています。

 (註)研究成果を発表される場合は、必ず系統名(WKY/Izm, SHR/Izm, SHRSP/Izm, SHR/NDmcr-cp等)を標示し、SHR共同研(Disease Model Cooperative Research Association, Kyoto, Japan)から分与されたものであることを明記してください。
[記載例]

SHR/Izm (SHRSP/Izm, WKY/Izm, etc.) are provided (supplied) from the Disease Model Cooperative Research Association, Kyoto, Japan.